デジタルカタログ制作タイプ別|ネットクルー

  1. デジタルカタログ制作専門会社TOP
  2. コンテンツ・関連情報
  3. デジタルカタログの制作タイプからから選ぶ

デジタルカタログの制作タイプからから選ぶ

印刷物のイメージのままでデジタル化できるデジタルカタログ。
素材には、ちらしなどの大きな裏表の見開きサイズから雑誌、書籍、商品
カタログなどの定型サイズ、また、サイズが混在したものなど色々な素材
があります。また、利用目的により、閲覧中心から別の購入サイトへ誘導
する仕掛けまで、標準のデジタルカタログに機能を追加することで、色々
な用途に対応できます。
当社では、現在、5種類の制作タイプをご用意しています。
 
素材サイズが定型サイズで中央で本をめくる操作感で利用できるタイプです。
雑誌、書籍、商品カタログなどに利用される例が多くもっともポピュラーなタイプです。
ページ数の制限はありません。
                                         詳しくはこちら

表裏が同一サイズの素材で表裏をめくる操作感で利用できるタイプです。
主に折り込みちらしなどで利用される例が多いです。
ページ数は2ページまでです。
                                         詳しくはこちら

素材サイズが不揃いな場合に利用できるタイプです。
左右にスライドする形でページ送り、戻りができます。
複数媒体、素材を織り交ぜて1データを制作する場合に向いています。
ページ数の制限はありません。
                                         詳しくはこちら

EXCELで管理可能な商品リストを利用してデジタルカタログ上で検索を行います。
掲載ページや外部サイトとURLリンクで誘導することができます。
ご利用にはデータベースは不要でお客様サーバで運用が可能です。
                                         詳しくはこちら

URLリンク機能を利用し、商品情報や価格情報をカート形式で収集し、一時保存できます。
一覧ページをブックマークまたは管理番号の記録、入力により過去のデータを呼び出せます。
見積用として、FAX等での発注書用として、商品検討時の価格資料としての利用が可能です。
                                         詳しくはこちら

デジタルカタログの制作方法から選ぶ


デジタルカタログの利用目的から選ぶ