FlashBookサンプル-(スキン3)
12/14

外を移動する事もあるが、これも散歩の一種である。この乳幼児の散歩では、戸外に出る事で太陽光線を浴びる(↓日光浴)。この日照はビタミンDの生成を促し、乳児の成長に欠かせないと考えられており、ベビーカーでの散歩が行われている。また戸外に出る事で音や光といった様々な刺激をうけ、精神的な成長に好作用があると考える者もいる。ただし過度の日照は有害であるし、また騒音や事故の危険もあるため、一般にこの乳幼児の散歩は定期的に短時間、保護者の気晴らしを兼ねて行われる。自分で出歩ける児童にとっても、歩くという刺激は体の健全な成長に欠かせないと考えられており、児童にも散歩は健康維持に有効であるといえよう。ただ児童の場合は戸外での遊びとの区別はつき難く、「遊び歩く」という状態になる。その一方で事故や事件に巻き込まれた際に、自分を守りきれない児童の場合は、安全確保の面から散歩の際には防犯ブザーを携帯する事が勧められる。近年では携帯電話などを持たせる保護者も多い。大人にとっても散歩という活動は、身体面・精神面で一定の好作用がみられる。ストレスの発散や肥満の防止で歩く者も多い。これらではウォーキングなどの活動がみられる。特に心肺機能の衰えが出始めた高齢者や病み上がりの人、あるいは循環器系障害のある人の健康維持に、散歩を勧める医療関係者は少なくない。適度な散歩は睡眠にも良い影響があるとして、不眠症に散歩を勧めるケースも見られる。[ 備考 ] 近年では社会様式の変化により、公共交通機関の発達や、コンビニエンスストアなどの発達による利便性向上もあって、ヒトが歩く機会は年々減少傾向である。しかし歩く事で健康を維持できるのであれば、これほど廉い健康法はないと、近年の健康ブームの中で、散歩が見直されている。ウォーキングは積極的に歩く事で、運動量や消費カロリーの増大を目指した物だが、日本ではジョギングの衰退とともに注目が集まっている。これらではジョギングよりも身体へのダメージが少なく、一定の運動効果があると評価されている。ただ歩くだけでも現代では舗装道路による足腰の負担があるため、専用の靴の発達も見られる。また万歩計のような、歩くモチベーション維持のための道具も販売されており、これにより歩く事を楽しむ人が多い。[ 問題点 ] しかし近年では交通事故やストリートギャングなどによる強盗被害など、事故・事件に巻き込まれる危険性も指摘されており、特に夕方から深夜にかけての散歩では注意が呼びかけられている。散歩中に自動車から目視され易いよう、明るい色の服装や反射材の着用が勧められる一方、携帯音楽プレーヤーの着用により周囲の状況がわかり難くなる危険性や、またデジタルオーディオプレーヤーの人気機種であるiPodを着用していて強盗に奪われたなどという事件も聞かれるため、散歩中のそれら機器の使用には、注意が必要だろう。このため、痴漢やひったくりなどの被害から身を守るため、防犯ブザーや防犯スプレーを携帯する人も見られる。[ 関連項目 ] 歩く/徒歩旅行/ドライブ/デート /観光/公園/歩行者専用道路 "http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%A3%E6%AD%A9" より作成散歩出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』散歩(さんぽ)とは、気分転換や健康のため、特に目的地を設けずに歩く行為である。散策(さんさく)ともいう。[ 概要 ]散歩は、娯楽として、あるいは健康増進に歩く行為全般を指す言葉である。より明確な目的意識を持って歩く行為には、ハイキングといった行楽の様式があり、その一方で健康増進のための歩行としてはウォーキングがある。人間のほかに、ペットないしコンパニオンアニマルとしてのイヌは日に一回程度は人間に連れられて歩く行為を好む傾向があり、またネコでも戸外に自由に出歩ける形態で飼われているものは、やはり特に目的らしい目的も無く戸外を歩き回る様が見られる。ただしこちらは縄張りの巡回といった習性に基くものであるともみなされる。縄張りの巡回は野生動物にも見られる行動様式であるが、野生動物の場合は巡回による食糧確保のための活動であるとも考えられる。人間の場合は、歩く行為そのものや、また移動する事で見聞きすること、あるいは出歩く事で他人とコミュニケーションの場に行くなど、様々な動機付けがみられ、散歩に行く理由は、人によって、あるいは状態・状況によって千差万別である。ただし認知症などにより当人が自分の行動Photo

元のページ 

page 12

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です